挑む中小企業プロジェクト2023

挑む中小企業プロジェクト2023とは

どのようなプロジェクトなのか

本事業では、中小企業のデジタル化支援として、①事務DX実現のためのバックオフィス変革、②DXに向けたマインドセットや新規事業創出の手法を学ぶ教育プログラムを提供します。これにより、変化への対応や新規事業創出に挑む体制を構築します。プログラムにはWewillのほか、各種専門知見を持った企業が参画します。

中小企業の事務現場は、デジタル化の遅れによる労働生産性の低さや業務の属人化による事業継続へのリスクなどが長年課題として指摘されてきました。2023年秋のインボイス制度開始や、それに先立つPeppol導入など、現在、経理現場はより一層変化への対応が求められています。こうした中、本事業では浜松市を中心とした東海地方の中小企業やスタートアップ企業など約30社を対象に、無償でプログラムを提供します。参加企業の募集を15日から行い、2023年より約半年間のプログラムを実施してまいります。

第1期(2023)について

事業名:挑む中小企業プロジェクト
(正式名称:意志ある中小企業のStartup化インキュベート事業「SYNUPS」で実現する事務DX・有識者講義によるマインドDX)

実施者:株式会社Wewill

共同実施者:あまねキャリア株式会社/EXPACT株式会社/株式会社NOKIOO/株式会社filments/プログメイト株式会社/freee株式会社/株式会社ユニコーンファーム

対象者:中小企業、スタートアップ約30社

事業内容:
1.事務DXの実現
事務のデジタル化の入口である「会計」を中心としたバックオフィス領域のデジタル化を実現するとともに、Wewillが開発した会計DXのためのクラウドサービス「SYNUPS」を導入。SYNUPSを通じて業務の可視化〜実行計画(Peppol対応計画含む)を策定します。この中で電子帳簿保存法およびPeppol、インボイス制度への対応準備を行います。

2.事業DX教育プログラム
経営者、管理職層に対し、新規事業に挑むマインドを醸成するために、組織開発専門家である沢渡あまね氏によるチームの意識改革講座を提供します。また、新規事業創出に必要な知見のインプットとしてユニコーンファームCEO田所雅之氏の著書「起業の科学」をベースとした研修をご提供するとともに、新規事業創出の事業計画策定の伴走支援を行います。

イベント一覧

今後(第2期~)について

第1期にて得た知見をもとに、今後も継続的に「挑む中小企業プロジェクト」の開催も検討しています。
ご興味のある企業の方は、ぜひコミュニティーメンバーに登録ください!

挑む中小企業コミュニティとは?

「挑む中小企業プロジェクト2023」とコミュニティについて

本プロジェクトでは、プログラム提供できる企業が30社と限られています。しかし、地域における企業及び経営者のつながりや情報交換は、各社の成長・地域の成長に直結するものと考えています。

そこで「 挑む中小企業コミュニティ」では、本プロジェクトでの取組や状況を積極的に発信し、取組についての意見交換や勉強会ができるコミュニティ形成を目指していきます。

コミュニティの参加へは、ぜひ「メンバー登録」ボタンよりご参加ください!

挑む中小企業プロジェクト2023 募集要項

日程

募集期間:2022年11月15日~2022年12月末まで
プログラム提供期間:2023年1月~2023年6月

内容

本事業は国の補助事業であるため、応募企業から30社が採択されます。採択された企業は株式会社Wewillが開発したバックオフィスデジタル化プログラム、新規事業創出プログラムを無償で受けることができます。
 ※本事業は、通常弊社が個別見積にて提供している有償プログラムを、補助事業向けに一定の定型化を図った上で採択企業30社に無償提供するものです。

・バックオフィスの完全デジタル化計画の立案
・会計領域におけるデジタル化の完了(*1)
・経営陣における新規事業創出のための知識のインプット
・社内実行チームの挑むマインド醸成研修
・これらの知識を活かした実行可能な事業計画の立案
・本事業終了後のバックオフィスの持続的な変化適応体制の構築

応募資格

・浜松市を中心とした静岡県西部地域~愛知県東三河地域を中心に、オフラインでの参加可能な距離に所在を置かれる中小中堅企業
・新規事業創出に向けた、事業計画の策定
・本事業終了後の5年間のモニタリングへの合意
・本地域の変化へ挑む中小企業としての事例化の事前合意

参加プログラムへのコミットについて

・経営者及び、DX実行者(リーダークラス)もアサインを頂き、多くコミットメントいただくことが必要となります。

費用について

・第1期(2023)に限り、バックオフィスデジタル化プログラム、新規事業創出プログラムが無償です。
・ご利用いただく会計SaaS(freeeのプロフェッショナルプラン推奨)に関しては、各社様にてご契約いただきます。





カスタムDX支援(スタンドアロン型会計システムなど)を希望される企業へ

本事業では、事務DXから事業DX教育をトータル的に支援いたします。部分的な支援をご希望の場合、本プロジェクトでは対象外とさせていただきます。
その場合は、弊社(Wewill)の「業務改善コンサルティング」にて、個別対応も可能です。以下のボタンよりお問合せください。個別ヒアリングさせていただきます!

 

応募から採択までの流れ

STEP
応募

2022年11月15日~2022年12月末まで

STEP
審査

2023年1月上旬~中旬

STEP
採択発表

2023年1月中旬

STEP
キックオフ

2023年1月末

【参加企業募集中】
挑む中小中堅企業の皆様を募集しております!

挑む中小企業プロジェクト2023 限定30社支援にご応募いただけます。

挑む中小企業コミュニティの情報をご案内いたします。2023年1月以降も継続募集

CONTACT

ご興味をお持ち頂いた方は、
ぜひ気軽にお問い合わせください。

問合せはコチラ>

閉じる